離婚の流れ

大阪府の探偵や興信所に依頼をして、無事に浮気の証拠が取れれば、離婚の道ぶ方も少なくありません。
それでは、離婚の流れとしてはどのように進むのか?

ここでは、大阪府の探偵や興信所の浮気調査後、離婚となった場合の流れについてご紹介していきます。

単純に離婚といっても、離婚する方法は、いくつかあります。

一つ目は、夫婦で話し合う「協議離婚」。

何にしても、まずは落ち着いて二人で話し合う事です。
話し合いができない、したくないといった状況下でも、一度、冷静になって、相手と話し合い、今後についてよく話しあいます。

お子さんがいれば、養育費などのお金の問題が出てくると思いますので、この辺りはきっちりと話して決めておく必要があります。

話し合いの上、折り合いがつかなければ、次の段階、「調停離婚」に移ります。

調停委員を交えた話し合いを行い、ここでも話がこじれた場合は、家庭裁判所(大阪府)などで行う「裁判離婚」へと移っていきます。

夫婦の話し合いから始まり、最終的には、裁判にて離婚を決めていきますが、それでも、80~90%の人は、協議や調停で離婚に至ります。

残りの10%が裁判で争いますが、裁判までこじれてしまう原因の一つとして、浮気の証拠が不十分であることが挙げられます。

例えば、大阪の探偵や興信所に撮影してもらった写真が、不鮮明であったり等、浮気の証拠が不十分だと、相手が言い訳をしたりなどして、なかなか折れず、話し合いが長引いてしまう可能性があります。

問題はできれば早いうちに解決したい所ですので、その為には、確実な証拠を保有しておく必要があります。

赤井探偵大阪では、浮気調査には自信をもっております。当興信所では1回に調査にカメラだけでも16台以上もの機材を携行する為、証拠を確実に撮影していきます。

カメラを複数台使用することで、様々なアングルから証拠撮影を行うことが可能となっています。

大阪府で浮気調査をお考えであれば、一度、当探偵事務所までご相談いただければと思います。