大阪府内の探偵に多い依頼内容

大阪府内にある探偵・興信所によく寄せられるご相談の内容として、浮気調査、盗聴器発見の調査が多くあります。

浮気調査では、配偶者や婚約者、恋人などが対象となっていますが、最近では、女性からの依頼だけでなく、男性側からの依頼も多くなっています。

盗聴器発見の場合は、個人や法人問わず、探偵や興信所に依頼が寄せられますが、大阪府といえば、2008年に起きた盗聴器の事件を覚えている方もいるかと思います。

その事件とは、大阪府教育委員会事務局に盗聴器が仕掛けられていたという事件です。

この際、知事が「一般企業ではよくあることだ」と発言していましたが、事件の影響もあるのか、大阪府での盗聴器発見の依頼が増加しています。

しかし、いざ興信所に依頼をするべく、「大阪府 探偵」と入力してネット検索してみると、無数に出てきてしまい、どこに頼めばいいのかわからないという状態が起きます。

さらに、大阪府の興信所は数多くありますが、どこの探偵でも、調査力が高いというわけではない為、注意が必要となっています。

大阪の興信所を選ぶポイントとは 大阪府の探偵を選ぶポイントの一つとして、その興信所がどういった機材を所有しているのか、注目してみると、選びやすくなります。

これは、どの興信所に依頼をしても、調査力は同じではない為、例えば、大阪府内で浮気調査を考えているのであれば、暗い場所での撮影を得意としている探偵に任せた方が良いと言えます。

その理由として、大阪府内で浮気調査を行う場合、証拠撮影となると、必然的にラブホテルでの撮影する機会が多くなっています。

大阪府のラブホテル街ですと、梅田周辺や堺周辺などが有名ですが、この界隈は夜になると、かなり暗くなる為、暗視カメラを所有していない探偵や興信所ですと、光源が足りない為に、誰かわからない写真を撮られてしまう可能性もあります。

その為、夜間や、暗い場所での撮影を可能とする、暗視カメラを所有している探偵もしくは興信所に依頼することで、質の高い証拠写真を入手できます。

盗聴器発見も、浮気調査と同様、機材の力が重要となり、探偵や興信所が所有する機材の数や質によって、調査力が変わります。

調査には、もちろん調査員の技術や経験なども関係してきますが、それ以上に、探偵や興信所が所有する調査機材の力は重要となってきます。

Akai探偵-大阪事務所では、機材には自信をもっており、特に暗視カメラは、ラブホテル等の暗い場所であっても、鮮明な写真を撮影することができます。